きみは“太陽”

しがない地方オタの戯言

この先の未来 君と描いて行きたい




1番最初に言っておきます。今の感情を忘れないために書きましたが、今までに無いくらいポエマーだしど偏見なのでそれが受け入れられる人だけ読んでください。








4月8日、7人の超特急が終わった。






6人での新曲が発売されるのと同じタイミングでブログを書いて、早くいつ抜けるのか教えて!とか言ってた日から4日。(あまりにも早すぎたので消した)意外と早かったと言えば少し語弊はあるけど。






コーイチくんの脱退が発表された時点の期間の決まっているお仕事で、1番先だったのが4月8日までだったから、なんとなく最後はこれかな〜なんて思ってたから意外ってわけでもなかった。オタクって面白いよね、なんでやめるの!?とかわんわん泣いてるくせにそういうところはめちゃくちゃ冷静に分析してる(笑)









本人がいる訳ではないんだけど4月8日がリアルタイムで7人の超特急を見れる最後の日になる予感はしてたから、わざわざ埼玉まで行ったよね。前日仙台にいたはずなのに。どこに住んでるんだよって(笑)






なんというか、全然実感がなかった。発表されてからも6人のライブを見た時もめちゃくちゃ泣いたくせに、次ライブにいたらまたあの癖の強い歌声が聴ける気がするし、ダンサーよりも華麗に踊ってる気がする。Party Maker踊ってるコーイチくん絶対かっこいいよね。







でも6人の超特急にも少しずつ慣れてきてるのはちょっと感じる。タカシくんがひとりで歌ってるのはまだ胸が締め付けられるような感覚になるけど、6人がステージに立ってるのを見て違和感を感じることが少なくなったし、コールもカイくんからはじめられるようになってきた。





いつか6人でいることが当たり前になって、6人の曲が増えて、コーイチくんのことを忘れて、7人の超特急を知らない人が大半になるのかなと思うと怖くて仕方がない。1番怖いのはそれかもしれない。忘れてしまったらなかったことにしないこともできなくなる。


・・・え?どっち?日本語難しい。とにかく、なかったことにはしたくないししてほしくないし忘れたくない。出来ることなら重苦しい雰囲気じゃなくてそこにいるしいつかケロッと出てくるんじゃないかってぐらいの感じでコーイチくんの名前を話に出していてほしい。え、そんな簡単に言っちゃっていいの?ってぐらいでいい








推しでもない奴が何言ってんだって感じかもしれないけど、今までの8号車人生を思い返すとタカシくんの次によく見てたのってコーイチくんだから私の記憶の中でめちゃくちゃ存在感あるんだよね。お前のさじ加減だろって感じだろうけど(笑)








だってさ、EBiDANの特典会レギュレーションってだいたい全員握手とかハイタッチから始まってそのあと個別ツーショだったり個別サインだったりがあるわけじゃないですか。だとするとだいたいは号車順だから超特急で1番最初に接触するのって1号車のコーイチくんなわけで。もちろんこれはあくまで一例だと思うけど、少なくとも私はそうだったんだよね。




その時のこととかあんまりよく覚えてないけど、確か私服特典会だったんだよね。みんなブログで見るままでびっくりしたし、超特急コーイチというよりも吉野くんだったのは覚えてる。あと、今思えばあの日のコーイチくんはとてもご機嫌だったのかもしれない。

数少ない現場ではあったけど、それ以降コーイチくんと全員握手とかハイタッチでまともに話した記憶ってあんまりないし(笑)いつもあの目を見て言葉を吸い込まれるような気分になった。妖怪みたいな扱いしてごめん(笑)



そういうのって仕事としてどうなのって思われるのかもしれないけど私はそういうのも含めて好きだった。それがコーイチくんなんだよねと思ってたし、そっか〜接触好きじゃないよねごめんね〜っていつも思ってたよ、推しじゃないからなのかもしれないけど。

でも個別サインとかで勉強の話とかしたらいつものコーイチくんからは想像できないくらい真剣に答えてくれるんだよね、そういうところが好きだった。過去形じゃなくて今も好きだな。





そういう、吉野感の強いところも好きだけどやっぱり超特急コーイチとしてステージに立ってる姿はほんとにどこの誰よりもかっこいいんじゃないかと思う。少なくとも今まで出会った奈良県出身の人とか94年生まれの人とか吉野さんとかの類の中では1番かっこいい!!!!


「なんかおもろいやん」って感覚だけで6年も続けられるわけないし、本当に超特急のことが好きな人じゃないとあんなに的確な意見言えるわけないし、誰よりも超特急のことを考えてると思ってたし、多分それは間違いないと思うんだけど。






冗談で「そんなに超特急嫌だった〜!?」とか言ったりするけど、あの瞬間は本気で楽しんでたし幸せだって思ってたんだろうなとは思う。そうじゃないとあんな顔できないと思うし、もし全部嘘です!とか言われたらもう人間不信になる(笑)





でも、消したブログにも書いたけど3月3日のイベントに行ったコーイチ推しが「こーちゃん今まで見た中で1番楽しそうだった」って言ってたのも確かだと思う。私よりもずっとコーイチくんを見てきた人がそう言うんだからそうなんだろうな。




どんなふざけた曲歌っててもめちゃくちゃ歌上手くて、ダンサーよりもさらっと踊っちゃって、めちゃくちゃ気持ちよさそうにフェイク入れてるコーイチくんめちゃくちゃかっこよかったな〜。特に生バンドのときはほんとコーイチオンステージって感じでこういうのが好きなんだなって。笑っちゃうぐらい気持ちよさそうだった




タカシくん上手く歌うので精一杯だったのに、コーイチくんがフェイク入れたら俺も頑張らな…って挑戦するようになって、最近はしれっと自分から入れるようになって、ふたりで気持ちよさそうに掛け合ってるのを見るのが本当に幸せだったな。大阪城ホールのStarlightとか好きだな。あとKura☆Kuraのラストサビの前のやつとかKissMeBabyの2サビ前のやつとか。「手に入れたいのにぃ〜ヤッ」は前まで好きだったけどみんなが沸くようになってあんまり好きじゃなくなっちゃった。コーイチくんのこと言えないぐらい天邪鬼(笑)


いつもタカシくんはまっすぐコーイチくんのことを見つめるのに照れくさいのか自分の世界に入ってるのか分からないけど全然視線合わないのに、幕張メッセとか大阪城ホールではふたりで向き合って歌ってて。あぁやっぱりこのふたりで歌う姿ってどんな山とか海とかよりも絶景だなって(?)




今でこそタカシくんの歌声になったけど、一時期ほんとにふたりの歌い方がそっくりで音源聴いてどっちが歌ってるの!?ってなったこともあったな。これはタカシ推しのエゴが含まれてるかも。


あと歌詞がほんとそれぞれにぴったりなところも大好きだった。前にもブログで書いたかもしれないけど、タカシくんはすごく前向きで明るいんだけどコーイチくんはどこか人間くさいというか、親近感が湧くんだよね。これめちゃくちゃ褒めてる。

タカシくんが王子様ならコーイチくんはお兄ちゃんって感じ。リアコ製造機って言われるのも分かる。だってその辺にいそうなんだよね、まあ今までの人生でコンビニで笹かま買ってそのまま道路にぶちまける人なんて出会ったことないんだけど…ってなんの話か分からなくなってきた。けどそんなところが良いんだよねコーイチくん。歌詞の話に戻すとWhiteoutとかほんとに良い。コーイチくんDramatic Sevenのお気に入り曲で唯一自分の曲以外あげてるのほんとウケたな。そういうところ大好き。どんだけタカシくん好きなんだよ(笑)





コーイチくんとメンバーそれぞれの関係性を見てても、絶対不仲でやめたわけじゃないんだろうなって思う。これで実はめちゃくちゃ嫌いでした!とか言われたら人間不信になる(2回目)





私の好きなタカシくんはコーイチくんがいなければ存在しないんだよなって時々ふと思うんだよね。ほんとにコーイチくんの背中を見てボーカリストとして、エンターテイナーとして成長したんだろうなって。もちろんタカシくんの素直さありきの話ではあるけど。




「Harmony」の2番の歌詞に「誰かが君を笑った 悔しいけれど僕も笑った」ってあるんだけど、そうそう、ほんとに腹立たしかったんだよ〜。って昨日のことのように思い出す。よく他推しの子にタカシくんのこと指摘されて、何も言えなかったし、コーイチくんにも他のメンバーにも散々文句言ってた気がする(笑)いっつもみんなタカシくんのこと小バカにするの!ほんとに!腹立ってきた!


でもタカシくんがMCで困ってたりするときに助けてくれるのってコーイチくんなんだよね。あとタカシくんが小声でボケたりつっこんだりしてるのを拾ってくれるのもコーイチくん。ふたりでMCしてたライブとかもう忘れちゃうぐらい何年も前だけど、ダンサー中心で話すようになった最近でもタカシくんのそういうのは率先して拾ってたね。無意識なのかもしれないけど(笑)



超特急の年下組って優しいというか、ちょっと内気だから年上に丸め込まれちゃう感じあったけどそこで話を振ってあげられるのも最年長のコーイチくんだったな。めちゃくちゃ適当に見えるし、不器用すぎるけど、そういういざという時の優しさがある人だったな。何これ死んだみたいじゃない?縁起でもないな




あんなに顔がうるさくてガサツな感じに見える(し実際めちゃくちゃ適当だったりする)のに、めっちゃ繊細で浪人のときとかおいおい大丈夫?ってなるぐらいだったし、2017年に入ってからもこの人大丈夫なの?って思う節いっぱいあったかと思えばなんか突然ぶりっ子して♡コーちゃん♡ってキャラになったりほんとに忙しい人だな。そういえばバラエティーでもまだみんな慣れてない頃に率先して挑戦してたのってコーイチくんだったな。


いやみんなができるようになったからやめたとかなら許さないからね!?できるようになったからって誰もコーイチくんの代わりは出来ないから!誰があんなうるさい笑い声で笑えるのコーイチくんしかいないからね!





話がめちゃくちゃそれたし本音が出すぎた。正直納得いってないし、これからも納得いくことはないと思う。だって7人の超特急が大好きだし。できることならまた7人見れないかなとかも思っちゃうし。



でも、6人の超特急もコーイチくんも好きになれる気もするから、寂しいけどこれからみんながもっと幸せになるための選択だったなら仕方ないかなというか。仕方なくはないのかもしれないけど。まあオタクだから受け入れるしか無いし。だからその分コーイチくんには自分の納得できることをいつかはできるようになってほしいし、6人はコーイチくんが後悔したくなるぐらい大きくて強いグループになってほしい。








ひとつだけこれはずっと言い続けるけど、またふたりで歌ってほしいな。できれば生で見たい。超特急のコーイチとタカシじゃなくてもいいから。吉野晃一松尾太陽だろうが、吉野晃一と超特急タカシだろうが、もっと訳の分からん芸名でもなんでもいいから!




「君と僕のハーモニーが誰かの笑顔になりますように。」





ふたりのハーモニーは何万人もの笑顔になってるから。また聞かせてください。







湿っぽくなるのはこれで最後にしよう!次からはまた誰目線やねんって感じで世界に向けて超特急を売り込むブログを書くぞ〜!






何らかのきっかけでここまで読んでいる8号車じゃないあなたへ!私の推しのタカシくんがめちゃくちゃカッコいいので騙されたと思って「a kind of love」も「Party Maker」もMV見てください!




オタクは無力





書きはじめた今日は2018年1月19日金曜日。夢見た大阪城ホールでのライブからは13日、そして超特急のコーイチくんが脱退を発表してから3日が経ちました。正直まだ何が起こったのか理解できないししたくない自分がいる中で、少しずつ前向きになった気がするところ。




実は、というほどでもないんですけど、アリーナツアーが終わって色々と考えることがあったので、下書きしてた矢先の出来事で。もうきっとそっちはお蔵入り(笑)

推しではないので書くのも違うかなって思ったりもしたんですが、気持ちの整理をするためにも書きます。公開するかはまだ分からない。



こういうのが嫌いな人もいると思いますが、私は落ちるところまで落ちるとポエマーになるタイプのオタクなので。ポエムみたいなことをつらつらと書き落とします。私自身憶測でいろいろなことを語るのは好きではないので、そのような事がないように気をつける。(そうですか)





あくまで個人の意見ですので、深く捉えないでください。ただのオタクが、しかも推しでもない奴がほざいてるだけです。





いつまでもこんなことを言っていても仕方ないので、本題に入ります。



















正直今私は、いつか「やっぱ俺超特急じゃないとあかんわ〜お前らも俺おらなあかんやろ!」とか言ってけろっと戻ってくるんじゃないかと思ってるし、そう信じて待っていたいです。いつかというか、明日にでも。今すぐにでも。



なんて言ってる間に彼からの言葉があって。正直、理解できないししたくない。その前と後じゃずいぶん心境は変わってるだろうけど、そのまま続けます。









大阪城ホールに立つ7人を見て、これからもきっと7人が好きなんだろうな、8号車として7人についていくんだろうな、東京ドームまで連れて行ってくれるんだろうな、と思ってたから。正直なんで?という気持ちしか出てこない。


10年近くオタクしてて、好きなグループのメンバーが去ることは何度も経験したし、女の子のアイドルだけど解散も、推しの“中退”も経験したことがあったけど、「脱退」でこんなにモヤモヤした気持ちになるのは初めてだった。理由は分からないけど。ただ、そのグループを嫌いになることはないし今も通ってるけど全く別のグループを応援している感覚ではあるから、そうなるのが嫌だった。


あの日買っていなかった武道館のBlu-rayを買って見たけど、全く実感が湧かなくて。だってそこで歌ってるコーイチくんはすごく輝いてたから。笑顔で歌って踊って、タカシくんと痴話喧嘩して本当に楽しんでる人にしかできない表情だったから。武道館からスタート♪って歌っていたずらに笑って。ただ時間が流れるにつれて次々とメンバーがブログをあげていって、どんどん「脱退」という事実が色濃くなって、日付が変わった頃、大好きな推しのブログが更新されて。





『ただ本音を言うともう一度超特急として2人でうたいたかった』



このひとことに胸が締め付けられた。タカシくんの言葉を借りると胸をえぐられるような、そんな気持ち。タカシくんが本音を言ってくれたり、不安を伝えてくれたことにも驚いた。タカシくんはいつも強い人でいてくれるから、8号車の前では弱いところを見せないから。それだけたくさん抱えてたんだろうなって。

ノンスタの井上さんの載せた写真も今までにないほど曇った表情をしてて。無理してるんだろうなって思ったし、ああこれは現実だって感じた瞬間でもあった。こんな時まで推しのことばっかりって責められても仕方ないとは思うけど、推しってやっぱり世界一だから。どんな時でも一番に考えてしまうんだよね。ごめんなさい話が逸れました。



その文面から、大阪城ホールが超特急コーイチとしての最後のステージだったことをタカシくんは知らずに歌っていたということが分かるわけで。もう言葉に表せない、悲しみでも怒りでも憎しみでも悔しさでもない、全部混ざったようなそうじゃないような、よく分からない感情に襲われた。


でも、不思議と本気でコーイチくんを責めることはなかった。なんでか分からないけど責めきれない自分がいたし、受け入れてる自分もどこかにいたんだと思う。タカシくんのことを悲しませるものは全て取り除きたいけど、コーイチくんだけは違う。なんでだろうね。




『コーイチ、俺もっと成長するから
絶対びっくりさせるから。 』

そうだ、私の推しのタカシくんはこういう人だったなって気づいた。眩しいぐらいに明るくて前向きな姿しか見せてくれない、太陽と書いてタカシくん。大好きな推しの足を引っ張るわけにはいかないから私も前を向かないとな、そう思えた。いつか吉野晃一が羨むぐらいいい男に、素敵なボーカルになったタカシくんを自慢したいと思います。だから晃一くんはこれからもタカシくんを見ててね。






「方向性の違い」とかいう本当に笑えるぐらい薄っぺらい理由をこじつけて、公式では発表されたけど、超特急の個人の方向性なんてみんなまとまったの見たことないと思うよ(笑)びっくりするぐらいみんなバラバラで、個性的で、だから超特急で、それが私の好きな超特急だよ。これからそれぞれがドラマとか映画とかバラエティとか色んなところで活躍して、つけてきた力を集めてさらに強くなる超特急だと思ってた。コーイチくんは吉野晃一の音楽でつけた力を持って帰ってきて超特急がさらに強くなるんだろうなって、信じて疑わなかった。超特急コーイチと吉野晃一が一緒にされるのが嫌なのかなとは思ったりもしたけど。

ただ、リョウガさんのいう「どうしようもない」ことが起きるのが分からなくもないし、いつかは来るのかなと思ってたのも事実で。ずっとコーイチくんにはいきなりどこかにふらっと行ってしまいそうなところがあるなって思ってたし、そんなところが魅力的でもあるなと思ってだけど、それがまさかこんなに早く起こるとは思ってなかった。5月末から6月にかけてはすごく怖かったけど、すっかり忘れちゃってたよ。だってすごく楽しんでるように見えたから。見えたんじゃなくてきっと本当に楽しかったんだと思うけど。さらに何が言いたいのか分からなくなってきました。







コーイチくん推しからすれば、推しが超特急でいてくれるだけでいいじゃんとか、外野が口出しするなよとか、色々あると思うけど。推しがこれからも超特急でいることの恐さもある。


6人になった超特急への好きがが7人を超えることは、ここ数年はないだろうなと思う。6人でいてくれるならまだいい、もし新メンバーが入ったら?正直受け入れられない。大好きな7人の超特急が塗り変えていかれる恐さもある。新曲やツアーの発表がこんなに待ち遠しくなかったのは初めて。7人じゃない姿に慣れてしまったり…それが一番こわいかな。怖いならやめればいい、って思うかもしれないけど簡単にそれができないのがオタクなので。


カイくんも「7人の過去をなかったことにしないこと」って言ってたけど、本当にその通り。なんなら過去にしたくないくらいだけどそれはとてつもない超能力者でない限り無理だからね。ってなんの話?







6人の言葉を見て、完全に納得してないことは明らかで。そんな中でも前に進もうとしていて。たくさん決まってることもあるから進まなきゃいけないってこともあると思うんだけど。

ただのオタクよりも長い間一緒にいて、色んなことを6年も一緒に乗り越えてきた6人なんだから何も思わないわけないだろうに、そんな中でも前向きでいて。もちろん世界一の推しの、コーイチくんを一番近くで見てきたタカシくんもそうだから、それに従うしかないよね。タカシくんの言うことは絶対!とかネタでやってるけどこういう時感じる、本当にその通り(笑)宗教かよって、オタクはある種の宗教だよ。黒色のものでもタカシくんが白といえば白。また話が逸れた。





コーイチくんの言葉は、正直理解ができなかった。超特急が大好き、ありがとうって。欲しかった言葉なような気もするけど、全然そうじゃなかった。そんな優しさなら超特急のやり方が嫌い!ひとりでやって行きたい!ソロ最高!ぐらい言って突き放してくれた方がよかったんじゃないかとも思った。

実際そう言われたらめちゃくちゃキレるだろうけど。それぐらいしてくれた方が清々しく6人を応援できただろうなとは思う。ただ、この中途半端に優しいところも含めて好きだなあって思う自分もいる。

あと、未練たらしいオタクだから「僕の超特急」と「現実の超特急」のズレを埋めるなり、楽しむなり、もしくはコーイチくんの思う超特急に近づく方法はなかったのかな、なんて考えてしまう。それが待てなかったのかな。コーイチくんがいなくなっちゃったらずっとその超特急にはなれないのに。どんな超特急でも7人でいたら好きでいる自信あるから見たかったな、コーイチくんの超特急。


もっとちゃんとした理由がほしいとも思うけど、今すぐには言えないこともあるだろうし。いつかまたこのことが笑い合える日が来たらあの時実は…って教えてほしい。いつか超特急ライブを見にきた晃一くんに、誰かが「お前あの時絶対許さねえからな!」とかカイくんが「ぼくあの人脱退したから嫌い〜!」とか冗談言って笑える未来が来たらいいな。

だから、お願いだから7人には仲良くあってほしい。8号車のことどれだけ嫌いになってもいいから、お願いだから7人は好きでいてください。






7人全員の言葉を伝えてもらった今、それがまさに『The End For Begging』いや、逆か?英語苦手なのでわかりません。超特急的にうまく言えば停車駅?(なんじゃそりゃ)



正直まだ思うことはあるけど、7人が前に進み出したのならそれについていくのがオタクだから。たくましい男たちのオタクになってしまった弱い女はつらいね、置いていかれたくないから半ベソかきながらも走り続けないといけない。スパルタだなあ。(男8号車さんごめんなさい(笑))





最後に(なるかは分からないけど)、吉野晃一としての歌ももちろんだけど、何より本当にコーイチくんとタカシくんのふたりの歌が大好きでした。

最年長と最年少、1号車と7号車、お父さんと末っ子、黒と白、晃一と太陽、陰と陽、天邪鬼と素直、そんな嘘みたいに真逆なふたりが奏でる超特急が本当に好きだった。これからも大好き。

推しはタカシくんだけど、コーイチくんのことも本当に好きで、でもすごく憎らしくもあった。コーイチくんが魅力的すぎるから、ダンサー推しもみんなコーイチくんに沸いてすごい悔しいし、悲しいし、コーイチくんばっかり!っていつも思ってた。そんなところも好きだけど。ここ最近はふたりが同じことをしてもコーイチくんの方が歓声が大きいからタカシくんのところで異常なぐらい声出すようになったよ!ありがとうね!






超特急出会ってから落ち込んだ時に元気をもらうために聴くのは超特急だし、そんな生活何年も続けてると超特急で落ち込んだときどうすればいいのか分からなくなっちゃって結局超特急聴いてたよ。バカかなって自分でも思った。

聴いてると、歌割りが本当に好きだなって改めて気づきました。皮肉なくらいにタカシくんのパートが前向きで、コーイチくんのパートが人間らしい感情が多くて、全てが今の状況に重なって、普段泣かないような曲でも泣いた。普段から泣く曲は意味分からないぐらい泣いたし、L|NE MUSICの歌詞が出てくる機能を初めて恨んだ。








これから、私は6人になった超特急について行きます。コーイチ推しの皆さん、これからも吉野晃一さんのファンとして楽しんでね。お互い大変なこともいっぱいあると思うけど、頑張りましょう。いつかまた7人とみんなで会いたいな。








っていうのは6人のメンバーに向けるための前向きな言葉で、本音を言うといつでも帰って来てね。

もしかするとその頃には6人で100%になってるかもしれないし、きっと超特急ならそうなるだろうけど。100%と100%を合わせたらもっと強くなるに違いないから。きっとわたしはいつまでも待ってます。


“-1の明日は きっとキミのカケラ探してるよ”
refrainの歌詞の通り、きっとこれからもコーイチくんとコーイチ推しの存在を探しながら8号車として生きるんだろうなと思います。







いつかまた一緒に大好きな人を見ようね。

Dramtic Sevenはいいぞ


ご無沙汰しております。今年度に入ってからというもの、超特急の勢いがまさに超特急すぎて驚いています


21都市23公演にも及ぶツアーは遂に明日最終日を迎えますが、その間にも2作連続オリコンデイリー1位を獲得したり、初の武道館公演を成功させたり…さらには個人での活躍も目まぐるしい!!!



そんな超特急のセカンドアルバム『Dramtic Seven』を久々に通して聴いてみたんですが、全13曲聴き終えた後の満足感??達成感???何コレ神アルバムじゃん!?!?神曲たち©*1じゃん!?!?ってなったのでとりあえず思ったことを書き溜めておこうと思います。(布教になるかどうかは置いておいて、Twitterじゃうるさいのでとりあえずブログにするスタイル)(いつだったかに秀逸なブログやツイートを見て得た情報や感情もあるので信憑性はありません!また何か言ってるよコイツ位に思ってください!)




まず、超特急といえば過去にもヴァンパイアや警察官、歌舞伎(?)、アンドロイド…と独特の世界観を持つ楽曲が多めですがこのアルバムにもあるテーマがあり、これがまたオタクのニーズに応えてる…特にオタク心をくすぐる点を3つに分けてみました。(誰ですか)




連動企画

このアルバムの『Dramtic Seven』のテーマは“生まれ変わっても愛してる”ということで、LINE LIVEでリード曲「Seventh Heaven」のソロMVが公開され、その動画にファンがハート(愛)を送り、目標数を達成することで特設サイトにて壁紙が解放されるというその名もで解放するミュージックビデオ”というコラボレーション企画もあり、MVの内容も“解放”に合わせてなのかガラスケースに入ったメンバーが脱出しようとしていたり……なんかオタクが好きなこと周知されてる感がすごい。推しのことガラスケースに入れて眺めたいと思ったことありません?あ、ない??とりあえずこのMV1人ずつがめちゃくちゃ良いのでぜひ見ていただきたい。まさに超特急へのが動き出す」そんなMVです。

超特急 2nd ALBUM “Dramatic Seven”



前作にも繋がるテーマ

このアルバムの衣装は1人ずつある動物がモチーフになっているのですが、アー写が公開された日Twitterでは早くもある説が囁かれていました。それが「Beautiful Chaser」続編説。これが当たってるんだからオタクの勘は鋭すぎる。

「Beautiful Chaser」はこのアルバムにも収録されている10thシングルの表題曲*2ですが、そのテーマは七つの大罪ということで1人ずつに罪が割り当てられています。まずこのメンバーの数に合ったテーマがエモいですよね。昔応援してた人たちも北斗七星なんて言われてたなあとか…


まあそんなことは置いといて、「Beautiful Chaser」にはストーリーフィルム*3があり、その中でメンバーが殺されるという描写があるのですがそこから輪廻転生して七つの大罪のそれぞれを司る動物の姿になったという表現らしく!!!生まれ変わり設定エモい……


割り当てられた罪と動物は以下の通りです

コーイチ→傲慢/ライオン

カイ→色欲/サソリ

リョウガ→嫉妬/マーメイド

タクヤ→強欲/ハリネズミ

ユーキ→憤怒/ドラゴン

ユースケ→暴食/トラ

タカシ→怠惰/フェニックス



フェニックス!!!!かっこいい!!!!!(推し贔屓がひどい)それにしてもイメージがぴったりすぎる…衣装もめちゃくちゃ奇抜なのに1人ずつによく似合ってるんですよね……タカシくんの衣装にヒラヒラつけたい気持ちめちゃくちゃ分かる。そして、メンバー談では廻転生は1stアルバム『RING』のテーマである“輪”とも繋がっていると。*4伏線回収が大好きなオタク達歓喜ですよね。




メンバーそれぞれのモチーフ曲

今までの超特急の楽曲では例外はあるもののメインダンサー5人の中から1人センターが選ばれるという形がほとんどですが、このアルバムではバックボーカル2人も含めた7人全員の1人ずつのモチーフ曲が1曲ずつ〇〇愛をテーマにして収録されています。

コーイチ→ライオンライフ/強気な愛
カイ→LIBIDO/秘めたる愛
リョウガ→超えてアバンチュール/二次元愛
タクヤ→Clap Our Hands!/与え合う愛
ユーキ→Beasty Spider/略奪愛
ユースケ→Peace of LOVE/人間愛
タカシ→Whiteout/大人の愛


簡単に言えばキャラソンみたいなところでしょうか。1曲ずつがほんとにメンバーのパーソナルな部分に焦点を当てたテーマになっていて、全員のキャラを知っているのと知らないのとではまた違った印象になりそうだなあ…なんて。超特急にハマる寸前のひとに聴いてほしい。






一通り『Dramatic Seven』のここが良い!という部分を羅列したので次は1曲ずつの勝手なポイントを挙げていきます。既に長い。







01.Seventh Heaven
(センター:なし)

超特急初?のセンターがいない曲ですが、これが本当に良曲。過去の記事でも言ってると思うんですがえ、かっこいい…と思わせておきながら途中で転調して変顔をするというまさにダサカッコイイ“これぞ超特急”な一曲!!!!!!!これを見れば超特急にハマる。と言っても過言ではないほどの超特急の代名詞のような曲です。

1番が歌詞に沿った振り付けになっていて(1Aの枯れ果てた喉の稜海*5がハチャメチャに良い)世界観に引き込んだかと思えば、なんかリョウガくんが持ち上げられてるし、変顔し出すし、転調してからの手でハートを作って上下に動かすというキャッチーな振り付けでライブでは一緒に盛り上がれるという素晴らしさ!!!また対バンでしてほしいなあ…

MVは砂漠のシーンとレーザーが飛び交う中のダンスシーンの2つから構成されていて、どちらも一見めちゃくちゃかっこいいんですが所々で変顔があったりどうした!?という要素もあるので1人ずつに注目して7回は見てほしい(?)武道館の記事にも書いたんですが個人的にはこの曲のタカシくんの煽りが本当にかわいいので機会があればライブ映像をぜひ見ていただきたいです!




02.バッタマン
(センター:ユースケ

事務所の先輩でもあるヒャダインこと前山田健一さん楽曲提供の対バンでのマスト曲。これをすると大体の共演したアーティストのファンの方に黄色(ユースケ)がヤバイ」と認識されるといういわば起爆装置的な役割の曲ですが、実は歌詞がめちゃくちゃ深い。

当時の*6超特急楽曲史上最高速度の200BPMということで割とずっと早口なので一度聞いただけでは今なんて!?となる所ばかりですが(笑)メンバーの想いや野望を取り入れた歌詞ということで、“夢にまで見た夢の切符は君と掴むんだ” “超特急で食ってきたい 食えなくたってやっていたい”とか…泣ける。一度歌詞を見ながら聴いてみると曲の印象がガラッと変わります。

そしてアルバム音源はLunatic(=狂気)ver.ということでユースケくんの叫び声が入っています(笑)ライブの躍動感?を楽しみたい方や予行練習?には持ってこいですが、家族や友人と一緒に聴く際には注意が必要。(高確率で驚かれる)



03.超えてアバンチュール
リョウガモチーフ曲)

モチーフ曲の一曲目は我らがリーダーリョウガさん二次元愛をテーマにした楽曲。二次元愛がテーマということでこんなに共感できるラブソングはないと思う。(ラブソングじゃないだろという意見は認めない)リョウガくんの動物(?)がマーメイドいうことで歌詞に入っているのもなんか良いですよね…

そして楽曲提供は数々のアイドル楽曲などを手がけている浅野尚志さんということで(個人的に)好きじゃないわけがない、まさにシャブ曲。振り付けもめちゃくちゃ分かりやすくて楽しいのでライブでも間違いなく盛り上がります。(披露する回を重ねるごとにコールも定着してきてる)初披露が某女性アイドルも出演していた対バンだったんですが近くの男性ファンの方がMIX入れてて笑いました。8号車ですらまだコール入れてないのに…それくらい盛り上がりやすいってことですよね!!!




04.LIBIDO
カイモチーフ曲)

秘めたる愛、色欲を表すカイくんの楽曲がLIBIDO(意味:性的衝動、性欲)って1人だけぶっ飛び方がすごい……スタダ的に大丈夫なの?*7ってなるくらい歌詞もめちゃくちゃ露骨で思わずクスッとなってしまうんですがこれ笑っていいんですよね?タカシくんになんて歌詞歌わせるんだと思ってないと言えば嘘になりますが(小声)

そして、カイくんセンターで色欲ってどんなかっこいい曲なんだろう…とワクワクしてたらその期待を見事に裏切るまさかの昭和歌謡風の曲調。超特急さんの振り幅とんでもない…!!!今までにない曲調なのでどんな振り付けがつくのかと思えばコンテンポラリー的な要素のあるダンスでボーカルがかわいい。一見ふざけた曲だな〜なんて思うんですがボーカルの音域の広さにもダンサーの表現力にも驚かされます。




05.スターダストLOVE TRAIN
(センター:タクヤ

小室哲哉さん楽曲提供で、タクヤくんがシングル曲のセンターを務めるのは2ndシングル・Shake body以来。*8LIBIDO〜スターダストLOVE TRAINの流れが今までの超特急にはなかった少し大人な楽曲続きで個人的に好きです。

ライブでは本当に数えられるほどしかしないのが残念…見たことあるっけ?ってレベルでやらない(笑)ひとつずつの動きに気を遣ってる感じがタクヤくんセンターっぽいな〜なんて思ったり、歌詞にも振り付けにも単純にかっこいい中にも少しユニークでかわいい要素もあるのが超特急らしい!コーイチくん曰く“ツンデレタクヤにぴったりなツンデレ”らしいです。かわいい




06.Beasty Spider
ユーキモチーフ曲)

聴いた瞬間にダンス曲だなという確信。さすがユーキくんがモチーフなだけある!!!テーマは略奪愛ということで歌詞もかなり過激なんですが、普段のユーキくんというよりステージに立っているときのあの鋭い眼差しのイメージかななんて勝手に思ってます。喰らいつくされたいよね(同意を求めないで下さい)

ハロウィンでユーキくんスパイダーマンしてたけどあれはただ赤だったからなのかな…(?)だとしたらすごい偶然。超特急さんたまにそういうミラクル起こすの本当に面白い。スパイダーつながりの伏線だとしても最高!!全曲の中でもダンスが複雑でボーカルもかなり踊っていてとにかくかっこいいんですが、サビにスパイダーマンっぽいところがあったりするのが超特急だな〜って見るたびに思います(そういう所が好き)





07.Beautiful Chaser feat. マーティー・フリードマン
(センター:ユーキ

このアルバムの中でも要となる一曲。散々この記事の最初にこの曲については語りましたが、本当にこの曲は全員が死んだ目をしているので迫力がすごい。特にセンターのユーキくんは普段のかわいい笑顔からは想像もつかないような冷たい表情で、心臓を掴まれたような気持ちになる。
振り付けもヘドバン(そういえばユーキくんが一緒にしてほしいとか言ってたっけ…)があったりかなり狂ったものが多いんですが、歌詞に合わせたストーリーっぽくなっているので世界観に引き込まれます。




08.Whiteout
タカシモチーフ曲)

綺麗なピアノの音色から曲が始まるのがボーカル曲らしいなあっていう勝手なイメージです。大人の愛ということもあって今までの超特急にはないジャズ調?の曲でめちゃくちゃオシャレ!!!成人を迎えたということで“大人”ではあるけど切なくてピュアな歌詞が本当にタカシくんのまっすぐな歌声にぴったり。

1番はタカシくん、2番はコーイチくんがメインの歌割りになっていて、タカシくんが主人公で6人はその周りにいる妖精を演じているミュージカルを見ているような世界観の振り付けが本当に綺麗でかわいい。2番のタカシくんがまさに美しいという言葉はこの為にあるんだな、という表情をしているのでぜひ双眼鏡で見ていただきたいです!!!!
そして歌割りもふたりにぴったり!タカシくんの部分は“君の全て 愛の中で 守ってゆきたい”とまっすぐ愛を伝えているのに対して、コーイチくんの部分は“どこにいるの? 誰といるの? 僕だけ残して”と少し哀しみを伺えるところに、真面目なタカシくんと少し天邪鬼なコーイチくんらしくて……感服です。




09.Peace of LOVE
ユースケモチーフ曲)

Whiteoutに続きピアノのメロディが綺麗ですごく切ないんですけどなぜか心が温かくなる人間愛がテーマの曲。ユースケくん“ヤバイ黄色”じゃない、思いやりのある繊細な部分を全面に押し出していて、どの部分を聴いてもユースケくんが思い浮かんできます。こんなに特定の誰かを表せる曲ってあるの!?と驚きました。

武道館の感想記事でも書いたんですが、この曲を歌ってる時のボーカルがユースケくんに囁きかける天使のようなんですよ!!!曲の中の主人公が「僕」じゃなくて「君」=ユースケくん?僕らは超特急のことかな?とか本当にユースケくんのための曲って感じで。オタクの勝手な妄想楽しい。落ちサビ前の“この世界は本当はいつも〜”でコーイチくんが力強く、その後の“この街も この空も〜”でタカシくんが優しく語りかけてユースケくんが顔をくしゃくしゃにして踊る姿が美しすぎて、超特急って7人共そのまま二次元から飛び出してきたんじゃないかという錯覚に陥る。いやもしかするとたぶんそうだよね?(日本語の崩壊)




10.Yell
(センター:タクヤ

ここでYellを持ってくるの泣かせにかかってる…ライブだったらここ3曲ずっと号泣ですよ。タクヤくんセンターらしい、音が綺麗なメッセージ性の強い曲ですが、今までガッチリテーマの決まった楽曲の多かった超特急にとってこの曲をシングルにするって逆に斬新(?)ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の主題歌になったこともあって対バンで披露することも多いので、代表曲でもあるのかも。

個人的に“出逢う前の僕も知らない〜”の歌詞が推しへの気持ちを代弁してくれてる気がするから、ウェデイングソングやYell=応援ソング以外にも推しへの愛を表す歌でもあるのではないかと思ってます。“君の側にあった愛にありがとう”というキラーワード!!!!




11.ライオンライフ
コーイチモチーフ曲)

これもまたすごい(語彙力)強気な愛をテーマにしたコーイチくんモチーフ曲。超特急初の関西弁の歌詞で、よりコーイチくんらしさが溢れ出てます。歌い出しから“紅い顔をみつめる この目がええんやろ?”ってあの甘い歌声で囁かれるのヤバくないですか!?!?その目がええんやで〜〜〜〜!!!(叫)世界中の女がひれ伏す。至るところにパーソナルな部分が見え隠れしていてこれ書いた人コーイチくんの何なの!?って歌詞カード見たとき本気で考えました。ナタリーさんのインタビューでコーイチくんが「ああ、僕のことやな」って言ってるのがかわいいです。

イントロがピアノの伴奏に合わせてコーイチくんが歌っているので次もバラードかな…と思ったらめちゃくちゃぶっ飛んでてずっきゅんどっきゅん言ってるのがめちゃくちゃ超特急だし、めちゃくちゃ色気醸し出してるかと思ったら突然ぶっ飛んだかわいい仕草をかましてくるコーイチくんをそのまま表したような曲。コーイチくんパートが“オレハケモノ?”なのに対してタカシくんパートは“オレガエモノ!?”なのもボーカルの関係性を表してるみたいで良い!!!!!




12.Clap Our Hands!
タクヤモチーフ曲)

与え合う愛がテーマということで確実にこれはライブで楽しい曲!アンコールでしてほしいな〜絶対この「ありがとう」のあとに銀テープ飛ぶじゃん〜なんて初めて聴いた時から思っていたら本当に年末公演で飛んできてめちゃくちゃ笑った。タクヤくんが盛り上がる系の曲のセンターというのがまずあまりイメージにないので7曲の中では1番意外かもしれません。圧倒的なカリスマ性を持ちながらもあまり前に出ることが好きじゃないと言ってセンターに立ちたがらずメンバーのことを冷静に見てよく考えていたり、8号車との繋がりを大切にしたいと言っている実は熱い男なタクヤくんだからこその与え合う愛なのかな、なんてオタクの深読みでは思ってるんですが。

タクヤくんセンターの曲は動きの綺麗な振り付けが多い印象があったんですが、この曲は動きが複雑すぎてびっくり(笑)しかもボーカルもかなり踊る!!!とは言ってもタイトル通り手を叩く振りがマネしやすくて簡単に盛り上がりやすいのでライブの定番にしてほしい〜!!!(またそれか)




13.Always you

超特急初の本格バラード!ナタリーのこの曲を一言で表すと?という質問では1人ずつ、ありがとう・未来へつなぐ思い出会えた幸せ大好き共に過ごす日々を一緒にいた時間未来への可能性と1人ずつが答えているんですが、何というか、シンプルにいい曲なんですよ。(急に雑)ピアノとストリングスの音が本当に綺麗で、いつかこの曲をオーケストラの生演奏で見たいなあ。できれば東京ドームで。

何も考えなくても超特急のことを表してるんだなと感じる歌詞で、特に“ここはまだ通過地点 過去の自分追い越すイメージで 終点に辿り着くまで”と電車に掛けているところが超特急らしい。そしてその辺りから歌い方にも更に力強さを感じる気がするんですよね。曲の終盤のボーカルの掛け合いも本当に綺麗で、自然に涙が流れてくる。ハッキリと突き抜けるコーイチくんと丁寧で包み込むようなタカシくん対照的なふたりでつくる超特急の歌、世間にめちゃくちゃ自慢したい。うちのボーカルすごいでしょ!!!って言いたくなるよね〜〜〜この曲は他に比べるとダンサーが目立ってる感はないんですが1人ずつが表情から曲に込めた想いが伝わってきてアァ…超特急好き……って心から感じますね。(説明がめちゃくちゃ難しいのでとりあえず見てほしい)





Seventh Heavenから始まりAlways youまでこのままの曲順でライブできるんじゃ…!?!?というほど完璧に構成されている点もこのアルバムのポイントではないかと思います。

1曲目で世界に引き込まれて、2.3曲目で盛り上がって、4曲目からは魅せる、11.12曲目でラストスパート盛り上がって、最後はバラードで感動して本編終了……一度このままのライブをしてほしいなあなんて思っていたら、2016年の年末東西アリーナ公演「愛す。in WonderLand」が既存の曲を交えてほぼアルバムと同じ流れ!!!!需要と供給が成り立ってる〜〜〜〜〜〜


公演の様子は2017年4月26日発売のオリコンウィークリーチャートやBillbord JAPANでも1位を獲得した5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」のSUPER DELUXE EDITION(初回生産完全限定盤)にダイジェストのBlu-rayが付属しています。


そう、ダイジェスト、、、因みにAlways youは収録されていません。なんてこった!!!!今からだって遅くない♪(♪超えてアバンチュール)だよ!!!!!いつかどこかで全編見られることを祈ってます…*9




なんて言ってたら、9月20日に全編収録されたBlu-rayが発売されました!!!わーい!!!!Always youもバッチリ収録されています\(^o^)/しかも特典映像の“Making of 愛す。In Wonder Land with Ryoga ”…その名の通りリョウガさんがナレーションをしています!なんて豪華!!ブックレットやジャケットのビジュアルも全員優勝レベルなのでぜひお手にとってください!(S〇DRの回し者と言うわけではない)





さあ、更になにが言いたいんだ感が増してきましたが。とりあえず『Dramtic Seven』はめちゃくちゃ良いという話です。
こんな記事を書いている間にひょんな事からBeautiful Chaserのストーリーフィルムを見たと色々な界隈のオタクの友人から受けて驚きなんですが。そのBeautiful Chaserの伏線をバッチリ回収している超特急の2ndアルバム『Dramtic Seven』も!!!良いよ!!!!



実は武道館の前から書き始めたので約2ヶ月かかりました…2ヶ月かけるような内容でもなかった(反省)また何か思いついたときにでも更新しようと思います。ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

*1:秋葉原の国民的アイドルさんのアルバムタイトルですm(_ _)m

*2:北川景子さん主演のドラマ『探偵の探偵』主題歌

*3:大まかに言うとメンバー7人が女の子を敵から守るような内容のものです。かなり過激な描写があるそうでしっかり見れていないのですが、視聴は自己責任でお願い致します。

*4:RINGでは鼓動の音が印象的なBillion Beatsがリード曲のような役割だったので、テーマが生と死のように真逆なのもまた良いなあなんて個人的には思ってます。

*5:カイリョウガ

*6:現在は更新されて「超ネバギバDANCE」カップリングの「PAPAPAPA JUMPERS」が最速に。

*7:超特急さんは半裸NG、おトイレNG、う●こNGの箱入り娘です。通称スタダコード。ちなみに数々の後輩は打ち破っていますが。

*8:当時センターと言ってもCDのジャケットで若干目立つ位置にいたり、曲中センターにいるのが比較的多いだけだったので実質初のセンターくらいの感覚らしいです。

*9:CSチャンネルで何度か放送はされてるんですがこちらもまたダイジェスト。演出の都合上色んな方が出演してるからなのかな…

タカシくんのブログが鬼清い件

我が自慢の推し、超特急のタカシくん(20)のブログがいつもに増して清いあまりに一文ずつにコメントしたい衝動に駆られたので即実行しようと思います。


ブログのURLはこちら。まずは読んでください。

超特急 公式ブログ - 超特急過ぎや タカシ - Powered by LINE


超特急過ぎや タカシ
↑タイトルからつっこんじゃうのかわいい

こんばんやで!



タカシやで!
かれこれ2年以上は冒頭の挨拶変わってないの清い…いくつになってもタカシやで!してほしいな…


更新空いてもうた...

最近はInstagramに専念しとったよー!
ここで専念という言葉を使う抜群の語彙センス!!!

でもまあブログもたまに動かしたくなんねんなー、
Instagramだけでも嬉しいのにブログまで自分の意思で更新してくれるなんて、、、



何でかと言うとねー、
溜めるのあざとい&ブログなのにお話してくれてるみたいで距離を近く感じる効果

Instagramにも勿論コメント欄が存在するし、
難しい漢字使いがちなタカシくんカワイイ

書いてくれるとすっごく嬉しいなって思うの。
ただオタクの好きで書いてるだけなのに嬉しいって伝えてくれる推し、すごくないですか???

ただブログのコメントは皆より一層丁寧に書いてくれているもんやからまたそれも嬉しいなと!
ただ伝えたいことを羅列して長くなってしまうだけなのに“丁寧に”と言ってくれる優しさ。゚(゚´ω`゚)゚。


冗談抜きで実際にパワーになってるし!
えええええそんなの私たちの方がいっぱいパワーもらってるからね!!!!!??!!!?


だから今日は、
そのパワーもらいに来ちゃいました的な感じでブログを書いております(笑)

ブログなのに来ちゃいましたっていうのがコミュニケーションのひとつとして使っている感があって嬉しい。すごい。



おぉっと!パワーもろてばかりや無かった!
おぉっと!←わざわざリアクション取るのカワイイ
もろて←クセ強い関西弁カワイイ


近況報告するで♪
いつもInstagramでもしてるのにブログでもしてくれる&わざわざ話が変わることを書いてくれる優しさ



この時期は、ドラマやアニメ等が
どんどん最終回を迎えて次の新番組に切り替わるくらいの時期やったね!

きっとアニメの話をしたいんだろうに色々な人がいることを考えて選択肢を増やしてくれる優しさ


今期も面白かったなー☆

皆は何を観てた?
ドラマでもアニメでも何でもえぇよー!

問いかけてくれる優しさ…!!!(見じゃなくて“観”なのがめちゃくちゃタカシくん)


次にも期待やね!ワクワクや!!
えっ……カワイイ(><)


それこそ‼︎「警視庁いきもの係」も始まるからそこは絶対観てなー☆
さりげない告知も欠かさない(できる子!!!!)&見じゃなくて“観”②



そして皆さん21日にTBSにて放送された生き物にサンキュー!観てくれましたか?
見じゃなくて“観”③(しつこい)

(観れなかった8号車はごめんなー🙇)
在住の地域で放送してない地方オタに対する気遣い( ; ; )




スタジオの皆さんが
とてもあたたかくて、カメラが回ってない所でも沢山お話しさせて頂けたり、

うんうん(涙)

最初は緊張していたのですが、
次第に気持ちも軽くなっていき、

うんうん、よかった…(涙)

動物の事をまだまだ話し足りないくらいでした、、、(笑)
また出れるといいね〜〜〜〜(号泣)


こうやって1人でバラエティに出させて頂いたのはMBSの「せやねん!」以来やったので、かなりのブランクを経てのソロ出演、
ちゃんと以前出演したテレビ局と番組名を書いてくれる丁寧さ&ブランクという語彙力


正直もっと自分の動物に対する思いを伝えられたのでは無いかという反省点もあります、、、
本当に真面目…(拍手)


と収録終わりにそう思ったんですが、
\おぉ〜〜〜〜〜!?/




それって愛してるからこそ、欲張りになる気持ちが生まれたんやないかな?と


それに気づけただけでも自分にとっては
最高の経験値になりました!

え、え、え、、、タカシくんすごい!!!!ポジティブなタカシくんとか最強でしかない!!!!( ; ; )

モノホンフェネックちゃんも
めちゃ可愛いてそのまま持って帰ろうかなと真剣に考えました(笑)

モノホンフェネックちゃんというワードを繰り出す彼があと3ヶ月もすれば21歳になるなんて誰が信じるだろうか。(可愛いて←クセ強い関西弁カワイイ②)

あ、俺の手に持ってるのは赤ちゃんフェネックにミルクをあげるやつやで!

一応補足ね!
補足優しい!


それにしても元気っ子やったなー!
元気っ子。゚(゚´ω`゚)゚。


他の動物もめちゃ可愛いかったなー♪


日本の動物園にいない動物も沢山おったからいつか絶対に会いに行くでー!
各所の動物番組は一刻も早くタカシくんをレギュラーに…!!!!(強欲)


ケモノをモフリ隊の稼働もそう遠くは無いなぁー。(随時メンバー募集中)
定期的に突然謎団体を立ち上げるタカシくん鬼清丸……全力で立候補します!!!!!!!



また出演出来る様に!
動物の魅力を届けれる様に‼︎

ようじゃなくて“様”


これからも動物を愛し続けるで(`・ω・´)
嗚呼タカシくんに愛されるために生まれた動物はなんて幸せなんだろう…



そして、24日は千葉公演!

超特急で駆け抜けているこのツアー、
残す所あと僅か!

わずかじゃなくて“僅か”


まさに超特急やなー、
あと少しであっても決して手を抜かず
最高のライブを最後まで皆に届けていきたいと思います!

ここに来てタイトル登場!!うまい!!!(みんなじゃなくて“皆”)



最近、体力作りと肉体改造も兼ねてトレーニングに行く量を増やしてみました。
お仕事も忙しいはずなのに努力を惜しまない姿勢◎



一応その時にどれだけカロリー消費して
どういったメニューで進めていったかとかメモるの。

詳しく教えてくれて優しい&メモるの真面目!!!


今日も行って来て、去年の今頃ぐらいと現在を比較してみたの、

そしたらね、
うんうん、どうしたの??



嘘やん⁈
おぉ?!



去年の方が今よりも全て上を行ってる事に気付き本気でショックでした(笑)
(笑)とか言ってる時点で本気じゃないはずなのにオーバーに書いちゃうのカワイイ


でも焦って極端に増やしても逆効果やと思うから、地道に去年を超えていきたいなと思います。
地道にというところが本当に真面目…!!!


まだまだ先は長いけど、
いつかたどり着いてみせる。

タカシくんカッコイイ〜〜〜〜!!!!(≧∇≦)


ドゥーチドゥーチ、ドゥーチドゥーチ、

パーパーパパッパパーパーパパッパ
パーパーパパッパパーパーパパッパ


的なBGM用意しといてね(笑)
(伝わった?www)

よっ!YADEZAP!!!(?)(伝わった?って聞いてくれるの優しい)



そしてそしてなんと更にお知らせがぁ!
\おぉ〜〜〜〜〜!?/(ぁ!←カワイイ)


僕達超特急とあの東京ジョイポリス
とのコラボが大決定したで!!!!!!!!

!が8個。゚(゚´ω`゚)゚。


夢の様やろ?
ようじゃなくて“様”②

頬つねってみぃ?
エッエッエッ…カワイイ!タカシクンカワイイ…



夢やないのこれぇぇぇ!!!!!!!!
突然のハイテンションカワイイネ〜〜〜〜〜。・°°・(>_<)・°°・。



7月20日(木)〜10月22日(日)の期間で
コラボさせてもらうで!

期間すらもアレンジを加えてくれる◎


「超特急 in JOYPOLIS〜特急ジョイポリ号に乗車せよ!〜」


何て素敵なネーミング...

皆!今準備中やから7月20日まで
楽しみに待ってて!

みんなじゃなくて“皆”②


詳細はコチラやで!
詳細にもやで!をつけてくれる

↓↓↓↓↓↓↓↓

東京ジョイポリス

ご乗車お待ちしておりまーす♪
こんなこと言われたら全国のハチコ全員ご乗車するしかなくなる…



最近色んなアーティストさんの
曲を聴かせて頂いてます!

聴かせて頂くという丁寧さ


OasisさんとかSOUL'd OUTさんとか
Suchmosさんとか、レッチリさんとか
Radio headさんとかBOØWYさんとかとか、、、他にも出したいけどこれ以上書くと文章が書けなくなってしまう...

自分のことをたくさん教えてくれる優しさ

色々聴いてます!


やっぱ音楽ってカッコイイよね、
勿論、活動も込み込みでね‼︎

込み込み←カワイイ(もちろんじゃなくて“勿論”)


まだまだ聴き足りんよ!
よし!今から聴いてから寝るわー!

そんなことまで教えてくれるの?優しい……(><)




ほなまた!
クセ強い関西弁カワイイ③

<ここでSNOWをするタカシくんの動画>

1人遊び(笑)
ここ最近めちゃくちゃSNOWで遊んだ動画あげてるのカワイイ…ハマったのかな…


by タカシ
お手紙みたいでかわいい







満足しました!!!!!タカシくんすごい!!!!!

推しが武道館行ってくれても死ねない




と言うことで、2017年6月14日日本武道館にて行われた超特急のライブ『BULLET TRAIN 5thAnniversary Tour 2017 Super Trans NIPPON Express』に行って参りました!!!



超特急にとっても初の武道館でしたが、私も武道館は人生初!初の武道館を超特急に捧げることが出来て本当に良かった。(激重)





武道館の正面玄関?の看板が超特急仕様になってるのがすごすぎてテレビで見たやつだ〜!ってめちゃくちゃ田舎者丸出しの反応するぐらいにはテンションが上がった。

それにしても物販の看板やフラッグ、セットに演出と本気出してきたな感がすごかったな〜なんて思ったり…ツアー中でもあるから集大成!というとまた違うんだけど、気合の入り方が違うのが目に見えて分かった感じ。



ことごとくライブがあるごとに記事書こうと思いながら毎回書けてなかったので記憶があるうちに覚書程度ですが今度こそ書きます。先に言っておきますが、支離滅裂で何を言ってるのか分からなくなるのでレポというほどのものではありません!!!完全に自分の感情を記しただけですので悪しからず!!週末までには頑張るぞ〜〜(結局1週間後になるオチ)








開演前

突如流れ出す映像。幕に投影されてたからすっっごい見にくいな〜と思ったらスタンドの端の方にほんとに家庭用って感じのサイズ感のテレビがあって笑った。かわいい。

「ハローグッバイ」兄に愛されすぎて困ってます「東京喰種」と順番に流れて、タカシくんのはまだ少し先だしないのかな〜いちフレ。のDVDでもいいのに〜なんて思ってたら「一礼して、キス」の映像も!!!!!!!もうこの時点で武道館に来た意味あった…気が動転して全然覚えてないけど弓道してるシーンと病室のシーンがあって横顔がすごく綺麗だった多分……(多分?)カイくんの「東京喰種」タカシくんの「一礼して、キス」は初公開で超特急側が作った(?)っぽくて、今まであまりこういう形でソロのお仕事の宣伝*1することってなかったからびっくり…単純に嬉しい!!!もっとやれください!!!!



OP映像

なんかSEに合わせて文字がめっちゃ踊ってて何これwwwって普通の状態ならなるんだろうけど武道館にいるという感動に加えて「一礼して、キス」の映像を見たという相乗効果でもう今にも泣きそうだった(情緒不安定)
なんかよく覚えてないんだけどすっっっっっっごいかっこいい人たちが幕に映っててびっくりした(ツアーのWCDIの映像に使われてる感じのかな?)



01.One/O Signal

予想外すぎて&登場が派手すぎて一瞬誰のライブ来たっけ!?ってなった……リフターに乗ってる超特急かっこよすぎる…(タカシくんちょうどスピーカーに隠れて見えなかったけど)(私あるある)
One/O Signal の歌詞ってちゃんと考えたことなかったけど最後の「その先に何があるの それは僕らの未来?」で武道館の先には超特急の未来があるのかな…とか1曲目からめんどくさいオタクかましてしまった。


02.No.1

思ったより早くペンライトつけさせてくれて*2驚いた(笑)何かあまり記憶がないけど間奏のダンスオリジナルの尺のままだったからきっとツアーのときみたいに煽り曲というよりは元ある振り久しぶりに見れた〜!って感じだった気もする(適当)


03.Believe×Believe

途中からセンターステージっていうのかな?移動するんだけどサビの感電した振りしながら歩いてるダンサーがかわいかった…ボーカルが引き連れてる感じで強そうだった(語彙力)後ろの映像ツアーのだったからペンライトつけていいんかい!?ってツッコミました


04.超えてアバンチュール

「お楽しみは…これからだ!」からのシャンャンシャンシャン♪って鳴るもんだからテンションぶち上がったえ〜〜〜もうここで入れてくれるのまだ早いよ準備運動が…(?)とか一瞬で考えてたら「離さない!」のところでタカシくんちょっとズレてたのかわいかった最初は多分感電して倒れた状態から1人ずつ立ち上がってたはず(はず)
“君がいれば僕は〜”はタカシくんで、2人でやで☆ってしてたかわいい〜〜〜リョウガくん本当にタカシくんのやで☆好きだよねかわいい……多分“メタモルフォーゼ”のところはにこにーだったはず(はず②)4曲目にして達成感がすごかった。アウトロでメインステージ戻ってたのかな最後バインバインバインバインってなる所(伝われ)がいつもと違うフォーメーションだからなんだなんだ!?って思ってたら…



05.Superstar

わーーーい!武道館初めましてだもんねそりゃこれをしなきゃ始まらない!!先頭車両みんな導くかーもんかーもんかーもぉん♪フォー!水金t……え、なになになに!?違うの!?なんかしてる!!!(訳:1人ずつのソロの部分の尺が倍になってた)新しい試み楽しかったけどいきなりすぎてコーイチくんが何してたのか見逃してしまった…
2「〜K.A.I+今日は楽しんでいきましょう〜!」(代々木のみんなって聞こえたけど気のせい?)
3「ガリガリガリガリガリ⤴︎ガリガリ⤵︎ガリガリ…リョウガで〜す」
4「〜マッスルビューティ!+こっちも、Beauty.(右左で力こぶ作ってた)」
5「〜俺の舞をご覧あれ!」言い終えてからタンブリング
6時間が足りちゃう*3
7「+みんな今日楽しんでこうなぁ!へんざっへんざっへんざっ!」←かわいい


自己紹介MC

詳しくは、と言うか適当な自分用メモはTwitterに落としてるので感想だけ。カイくんタカシくんが超テンションあがって「水金地火木土天〜?」「純白の〜?」を3回ずつ煽ってたのが本当にかわいかった……楽しいのが漏れちゃってるのかわいい〜〜〜!!!!
声出しで煽る時にアリーナ、一階、二階を一層、二層、三層と呼ぶ奇想天外な発想の超特急さんかわいい(そういえばツアーのどこかでもフロントセンターバックとか言ってたな…意味わからんかわいい)



06.DJ Dominator

カイくんが煽ったあとに「じゃあコーイチ!」って振るからこれはもしや…と思ったら「DJ!%$☆8×〆 the beats!」(流暢すぎてなんて言ってるのかわからん教えてエラいひと)
ツアーでは途中から客席に降りて通路のお立ち台に立つ演出だからどうなるのかな〜と思ったら全編オリジナル(?)で踊ってくれてありがとうございます!!!!近くに来てくれるのも嬉しいんだけどやっぱりステージで歌って踊ってる超特急を見るのが1番好きだなあ、なんて。



07.One Life

Whiteoutがねぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!(絶叫)遂に恐れていた事態が起きてしまった…いや初めて曲を聴いたその瞬間からもう冬にしか披露されない運命を覚悟していたのだけど、、、このツアーのセトリに堂々とフルで入り込んでくるもんだからさ、、、まだWhiteoutにお別れできてないのでツアーでは復活させてください!(懇願)
OneLifeに対する感想じゃなくなってしまった…Aメロの部分はリフター3つをせり上げて5723416で分かれてたので祐太*4しか見てなかったんだけどユーキちゃんタカシ推し芸人発揮してたかわいいね



30分ノンストップスーパーメドレー(08〜30)

いや、、、、え?30分????って正直一度理解に苦しんだけど本当に盛りだくさんで振り起しとか大変だったんだろうなあ…なんて思ってたら一瞬だった。超特急マジパネエ(いきなりどうした)

08.Pretty Girl

天使の歌声!!!!聴いたのが夏以来?なんかふとZeppツアーで初めて見たことを思い出した…タカシくんがやで金だからかな?

09.What's going on?

イントロ流れた瞬間嘘だろ!?ってなった曲大賞堂々の一位(?)特効の火がすっっっごかった……超特急であんな派手なステージほんと初めて見た(笑)
壊れるまで〜♪の振り付けが前に見たときはタカシくん力加減がおかしい時期だったから本当に壊れてて愛おしかったんだけどそんな壊れてるwwwともならなくてちょっと力加減が分かるようになったのかな〜って愛おしかった(結局)

10.Seventh Heaven

「愛が動き出す」からのサビ始まりでセンターステージに移動。タカシくんの煽り*5がいつも以上にテンション上がっててかわいい(急に雑)

11.Shake body 135

コーイチくんがセンターでおさなな*6ちゃんを従えてる図が強すぎた。何の3人!?ってなったけど汗飛ばして〜のパートをしたいがための3人なのかな?リョウガのターン!/\ユーキのターン!/をするためだったんだと思うかわいいね〜〜〜まさにBeauty.はコーイチくんだったんだけどいやすごいなんかすごかった(語彙の崩壊)

12.pani pani 2467

メインステージ下手に47上手に26だったかな?これも聞くのが久しぶりすぎてびっくりした完全に煽るための曲と化してたから近いうちに踊ってください!!!!(言うだけタダ)

13.refrain 7

タカシくんが武道館のステージにたった1人で立ってるという状況が理解できなかった……本当に堂々としてて輝いててこんなにかっこいいタカシくんを応援できるなんて同じ時を生きてるなんて…ううう……(大号泣)もう本当に自慢の推しだなってしみじみ感じました。「コーイチが歌うと思ったやろぉ?」って言っちゃうタカシくんも愛おしい( ; ; )そんなことないよ( ; ; )

14.Turn Up 52

ダンスソロ!私はカイくん「リィアラァイ!!」を待ってたのに言わなくてズッコケた…Turn Upってダンサーみんなほんと狂ったように踊るから見てても楽しくなる

15.ライオンライフ

ツアーと同じ切り方かな?武道館でもあの謎映像*7が流れてるのがシュールすぎた…田舎のおばあちゃんにライオンライフのコーイチくんは見ちゃダメって言われてるのであまり記憶がありません

16.Star Gear

キターーーーー!これはアガる!え!まって!水金地火木土天カーイ!させてくれないの!?病んだ!(ラップ後半部分からだった)でもタカシくん“星になりたいよ”*8見れたから許しました!金髪でより星になりたい感が増して(?)かっこいい〜〜!!!

17.We Can Do It! 1367

ライブ中気づかなかったけどすごい異様なメンバーだな…(笑)センターステージだった気がします。気がするだけかも。カイくん「カモンッ…」がないので寂しかったです

18.LIBIDO 2

え〜〜〜〜LIBIDO見れるの!?わーい!!って思ったらアリーナ下手からトロッコに乗ったカイくんが現れてセリフを言って颯爽と去っていった…ちなみにトロッコはこの部分でしか使ってません。LIBIDOのVIP待遇具合がすごい

19.COMP!!COMP!!COMP!! 34567

武道館に墓立てた!!!!!!!超特急の中でもベスト3に入るくらいには好きな曲なんですけど何せめちゃくちゃ干され曲で最後に通常ver.見たのいつやねん!レベル*9だったので私はこれを見るために武道館に行ったと言っても過言ではない…センターステージのせり上がった部分でタカシくんが歌って周りで4人が踊ってる図が可愛すぎて棺桶にあの映像入れてほしい(?)それにしても改めてダンス見るととんでもない動きしてるからそりゃやりたがらないな…とは思ったけどこれからもメドレーでいいので入れてください!!!!

20.STYLE 1

至高!!!!本当にコーイチくんのソロをSTYLEにしてくれた人みんなに菓子折り渡してまわりたい(?)最後の“夢を掴み取るのさ 僕だけのSTYLE”が深すぎた…

21.Beasty Spider 1244

Beasty〜なのにユーキくん不在で若干困惑したけど24シンメってなんか良いですよね、ありそうでない3人で新鮮でした。ひたすらかっこいい…

22.Billion Beats 3567

と思えば天使の歌声〜〜〜(またか)ユーキくんがセンターで踊ってタカシくんが段上で歌って、落ちサビはじまりはツアーのメドレーと同じなんですけどそのあとのサビから36も踊りはじめるからより壮大な感じがして、曲の良さが存分に生きてる〜〜〜〜!!!!!ふとRINGツアーでハチコに歌わせたばっかりにタカシくんの落ちサビが聴けなかったこととかいつかのライブで音が出づらそうで苦しくなったこととか色々過った…これだから重いオタクは……

23.Drive on week 13567

最後がセンターステージなのは分かるんだけどどこで移動したんだろう!?サビの名前を呼ぶところは24が不在なのでリョウガくんがセンターで!!ユーキちゃんリョウガリョウガ!」って煽ってるのが良いおさななちゃん!!!コーイチくんが“位置に着いたら Start”を“武道館からStart〜♪”ってドヤってて泣いた……

24.Bloody Night(寸劇)

え!うそ!ブラナイ!?!?( ; ; )ってなったけど一瞬で寸劇要因なのを察しました(笑)そういえば自分で新セトリの寸劇は絶対ブラナイでしょとか言ってた←
でも某ナタリーさん(某の意味とは)でも写真があると思うんですが24がね…センターステージからマントを着けた姿で上がってくるんですよ…圧倒的画力!!!!!!!!!!あれはほんとに武道館にいる全人類が噛まれたいやつ……
リョウガくんが金髪おさげのリョウコさん(?)になってヴァンパイアに襲われるところを4人が守る!みたいな感じの流れなんですけど何でこう、ボーカルって真っ先にやられるかな!?事あるごとに雑魚キャラなボーカル愛おしいな…(結局)「ずっと君だけを…」が無くて、退くユーユー*10ちゃんに「守りなさいよ!」みたいなこと言ってたリョウコ姉さんにめちゃくちゃウケてたんですけど、そのあとユーユーも噛みつかれリョウコさん24両方に右側を噛まれ、「ずっと…ずっと右だけを〜」がくだらなすぎてこれ誰考えたの!?大好きwwwwちなみに215467を襲ってました。ご参考までに!(何の)

25.Beautiful Chaser 3

その流れでリョウガくんソロなんですけど寸劇引きずっててあんまり覚えてないです、すみません……

26.Yell

ここで全員揃って初めてネバギバ衣装のジャケットなしバージョンになってることに気づく。いつから変わったんだろう…早替えできるようになってるすごい……
ツアーでは映像を使った演出で途中からボーカルのみなのでワンコーラスだけでも久しぶりにオリジナル見れて踊れて楽しかった〜!!踊ってる超特急さん大好き〜〜!!!

27.EBiDAY EBiNAI

これもツアーのメドレーには入ってるけど全員の見るのいつぶりやねんレベルだったのでより楽しかったしこの曲はほんとに超特急のフォーメーションダンスの魅力が詰まってると思うのでもっと積極的にしてほしい!!!!そんなこと言い出したら全部してほしいんですけどね

28.Secret Express

ここにきて!?ってなったけど走れに持っていくために盛り上がるにはもってこい!ただツアーでも毎回言ってるけどあの山はタカシ!させてください…

29.走れ!!!!超特急

勝手に感覚的にわ〜メドレー終わっちゃうさみしい〜( ; ; )ってなったんですけど円形?になってる会場で走れするの多分初めてだった(?)ので、Bメロでのスタンドのハチコのどっち向けばいいのか困惑してる感が面白かったです(笑)それにしてもほんとにいい曲…想像を超えた時代のフロンティアって……(号泣)

30.超ネバギバDANCE

待ってました〜!!!ワイドショーでもけっこうネバギバ使ってるところ多かったのかな〜なんて思うんですけど、ほんとに特効がすごかったwwww

欲しがり屋さんの超特急〜!ご乗車ください
ボッ  ボッ  ボッ ボッボッ       ドカーン!

↑ほんとにこんな感じでタカシくんのセリフユーキくんのウインクで世界が爆発した…こんなの見てご乗車しないわけない…!!!ほんとに武道館から時代の幕開けって感じであんなに楽しい曲なのにめちゃくちゃ泣ける〜〜〜〜〜(情緒不安定)



MC

・特効がすごい話
・メドレーの話
ユーキちゃんのドジっ子の話
・オープニングの話
・武道館の日の丸の話
・ボーカルの小競り合い

大まかにこんな感じでこちらのMCもTwitterで垂れ流してますヽ(;▽;)ノこの日なぜかタカシくんがいつも以上にコーイチくんに当たりが強くてちょいちょい噛み付いてたのが本当にかわいかった…ボーカル推し冥利に尽きますわ……*11


31.Peace of LOVE

「超特急の5年分の愛を受け取ってください」まさかここで持ってくるなんて…泣くやつやん……曲に合わせてメンバーカラーに光らせたリフターに1人ずつ乗って上下に動いてるので既存の振りではないんですけど指先まで本当に綺麗で…途中からユースケくんとボーカルだけになって167の並びでユースケくんのだけ少し下にあるんですけどボーカルが本当に天使のようで…ユースケくんに囁きかけてるように見えるんですよね本当にこの人達と同じ時代を生切ることができて幸せ……(超ヘビー級)



32.ダンス〜バッタマン

新衣装!白基調に黒のラインや小物がついたシンプルな衣装でぱっと見見分けがつかなくてダンスソロの部分がツアーではユースケくんからなんですがタクヤくんと入れ替わってるのに一瞬気づかなかった…(笑)よく見たらデザインもタカシくんだったら縦ラインでスタイルが良いのがより際立ってたり1人ずつの個性に合わせていることに感動!!!!
そしてこのツアー、バッタマンを見に行ってると言っても過言ではないくらいこのバッタマンがめちゃくちゃ好きなんですよね…ビジュアルポイ提案してくれた人に金一封贈りたいレベルのアレです(どれですか)席が正面じゃなかったのが少し残念なんですがやっぱり武道館くらいの規模の方が映えて見えてよりカッコよかった気がした…超特急さん大好き……



33.fanfare

タクヤくんが捌けない…カメラじゃない…!!?と思ったらセンターステージでオリジナルの振りでした〜〜〜(歓喜タクヤカメラマン*12も大好きだからないのは残念なんですけどそれ以上にオリジナルが嬉しい!!!!1番は東スタンド、2番は西スタンドを正面にして全員を飽きさせない演出流石ヽ(;▽;)ノお尻はお尻でレア感あっていいけどね!(何を言ってるんだ)



34.Kiss Me Baby

何回見てもここのテンションの差について行けないんですけど私だけですか?(笑)でも、センターステージをせり上げて使ってたのがめっっっっちゃ国民的アーティスト感あってカッコよかった…ラストサビ前のKiss Me Babyは多分タクヤくん(曖昧)



35.Burn!

タカシくんがテンション上がり切っちゃって見たことのない煽りを連発してて愛おしさMAXでした…楽しいねえ( ; ; )きっと2〜3人ずつで分かれてステージの隅々まで煽りにいってたかな?あまり何してたか記憶にないんですけど最後の34がよく戦ってるの初めて生で見てこれか!?ってなりましたリョウガくん全力でダメージ受けてるのかわいい



36.Clap Our Hands!

この辺りからgr8est journeyが来るのを恐れてソワソワし始めてたのであまり記憶がない…なにしてたっけな…号車順に並んでるやですけ*13ちゃんがかわいいところは見たことがあったけどユーユーちゃん初めて見ました!!!ユーキちゃんタカシくんと順番にハイタッチするユースケくんがまさにPeace of LOVEだった…(合掌)




37.gr8est journey

コーイチくん「最後の曲です、gr8est journey」がめちゃくちゃ好きなんですけど伝わりますか!?!?それにしてもまさに今の超特急を表してるような感じがしてめちゃくちゃエモい…ボーカルの掛け合いがある曲大好きなんですけどタカシくんもテンション上がってエフェクト入れることも増えてきたのでより良い!!!!最後のOhOhOhOh〜♪の前にリョウガくんが一言言うところで「最高の通過点になりました!」って言っててリーダーーーーーーー!!!( ; ; )ってなりましたウチのリーダー最高にカッコいい…!!!





EC01.Summer love

新グッズのTシャツを着てそれぞれがサングラスをかけて…まさかと思ったらクヮンコンコンコンコン…(©ユーキ大先生)*14夏が始まったぞ〜〜〜〜!!!!\(^o^)/やですけちゃんがハート型のサングラスでどこかで見たことある感がすごかったけど()2〜3人ずつ?で抜かれてサングラス取っててかわいかったです



MC・重大発表

ここで1人ずつコメントしていくんですけどユーキくん「課題も見つかって…」的なニュアンスのことを言ってるのが流石でした。

あとは重大発表×3!!!色々急すぎて頭がついていかない\(^o^)/ここ数年の重大発表はメンバーに伝えられてることも多いからそんなにワーキャーならないけど、そろそろメンバーにも知らされない重大発表をしてほしいなあなんて思ったり…(小声)



EC02.PAPAPAPA JUMPERS

口々に「てんやわんや」「あっという間」とか言い出すからそう言うことだろうと思ってたけど…待ってましたPAPAPAPA JUMPERS!!!!振りもかわいくて覚えやすいし今年の夏はたくさん聞ける気がする…一瞬で神曲認定(拍手)タカシくん「ねぇ、元気?」とかDメロとか本当に清さが詰まってて最高of最高でした……6/10のLINE LIVEとタカシくんのブログタイトルはきっと伏線(笑)



EC03.HOPE STEP JUMP

武道館でも「うさぎ!バニバニ!レッツゴーうさぎ!ごーふぁいうぃん!」しちゃうカイくんがかわいすぎてゲラゲラ笑ってました。かいくん(5)の部分が出てたねありゃ(?)
落ちサビでコーイチくんが歌ってる途中で「もっと俺を煽げ!」って気持ちよさそうに歌ってるのを見て感動してたら、コーイチくんが退かないから肩をトンと押して「どいて」ってするタカシくん〜〜〜〜〜〜。゚(゚´ω`゚)゚。これはさすがにカッコいいしかわいいしもう……(言葉にできない)タカシくんこの日本当にコーイチくんに対してのあたりがいつも以上に強くてかわいい(笑)






とりあえずここで武道館の感想は終了です。
最近ふと、僕たちは…超特急でした!って8号車もするの面白いなあなんて思ってたんですけど、よくよく考えたら最後に絶対「皆さんご一緒に!」って言ってから言うし意外とリョウガくんが1番よく“8号車までがメンバー”みたいなニュアンスのことを言ってる気がするからそう言う意味でご一緒にって言ってるのかな〜リーダーカッコイイ!!!!って結果に至ったことをここでご報告させていただきます(?)



少し遅くはなりましたが!本当に最高の武道館公演でした。少し大袈裟かもしれないけど超特急なら日本背負っていける気がするしそれくらいのアーティストになってほしいなあ!タイトル通り推しは武道館に行ったけどまだまだ死ねない…推しが東京ドーム行ってくれたら死ぬ。



ただのオタクの戯言を最後まで読んでくださってありがとうございました!!!

*1:ツアーでも配られているフライヤーに入っていたりはするんですが某ジ●ニーズのようにMCで個人のお仕事の宣伝をする文化がないのでMCでメンバーが話題を振ってくれるまでおめでとう〜!と言えないもどかしさ

*2:ツアー・武道館共にオープニングはペンライトを消す演出で、ツアーの曲順はWe Can Do It!→Believe×Believe→No.1でNo.1でペンライトをつけさせてくれる

*3:Superstar音源でのユースケくんソロは「ご乗車くだせえ!超特急6号車一度乗ってもらえれば貴女に元気の〜…時間足りない!」と口上を言いきれないんですが、この日はバッチリ今日も元気に!すけちゃんぽー!まで言えてましたかわいい

*4:ユーキタカシ

*5:Shangri-la いいよ〜♪あいあい!のあいあい!の部分の前に「皆さん一緒にせ〜のっ♪」「もぉいっちょ!」と煽ってくれて、最後には「ありがとぉ〜♪」と言ってくれます。かわいいでしょ!?(圧)

*6:リョウガユーキ

*7:A〜Bメロでコーイチくん以外のメンバーがポーズを取った写真がテトリスのように積まれて、サビではコーイチくんの口にメンバーが飲み込まれる映像が大画面に流れているんですけどあの意味が何回見ても理解できなくて困ってる

*8:この歌詞のところでダンサーは星を描く振りなんですが、ボーカルの振りが右手をかざして眩しい〜ってしてる感じでめちゃくちゃカッコいいので見てほしい

*9:私の記憶が正しければ2017年の新年会で8号車リクエストでする前にしたのは2015年春のRINGツアーな気がするし123がBad boyz、567がコロンで普通の超特急じゃなかった

*10:ユーキユースケ

*11:MCでカイくんが「タカシ最近「ボーカル冥利に尽きますわ〜」ってハマってるんだよね」って暴露してたかわいいすぐタカシくんのお話するカイくんもかわいい

*12:ツアーではタクヤくんが私物のカメラでメンバーや会場を撮影してSNSやFCサイトに毎回更新しています

*13:ユースケタカシ

*14:ブログでユーキくんがSummer loveのイントロを表した際の表現がコレ。天才

超特急を知らない貴方へ。③






ご無沙汰しております。全く更新していないのにここ最近なぜかぼちぼちアクセスが伸びていることに驚いてます。





超特急を布教しようシリーズ第3弾!超特急の魅力はまだまだあるので誰かの目に入ることを祈って書いてみます。






今回は、メンバー内のコンビについて!その魅力を紹介しようと思います。




超特急はメインダンサー5人、バックボーカル2人から成る7人組男性アーティスト。ということは、コンビだけでも21通り(あってる?)あるうえに3〜4人の組み合わせもあったり…覚えるのがまあ大変。(本音)



そして超特急の難しいところ、メンバーの普段の呼称が全員下の名前のカタカナなのにコンビ名では苗字とか本名の漢字とか出してきちゃう。(オタク発信がほとんどですがメンバーも分かっちゃってるし自分発信のコンビもいる)しかも担当やお互いの関係性とかも出てきちゃう……知るかよ!ってなると思いますが、そこで活躍するのが



号車番号




イメージカラーで表すことはよくあると思いますが、超特急では号車で表します。便利!

例えば
121号車コーイチ・2号車カイ

3573号車リョウガ5号車ユーキ7号車タカシ

偶数2号車カイ4号車タクヤ6号車ユースケ

メンバーの会話でもよく出てくるので覚えておくと役立つはず!!





ということで、本名も含めておさらい。


1号車コーイチ(吉野 晃一)お父さん担当
2号車カイ(小笠原 海)神秘担当
3号車リョウガ(船津 稜雅)ガリガリ担当
4号車タクヤ(草川 拓弥)筋肉担当
5号車ユーキ(村田 祐基)ドジっ子担当
6号車ユースケ(福田 佑亮)元気担当
7号車タカシやで!(松尾 太陽)末っ子担当





では、推しのタカシくんとの組み合わせから!逆号車*1で紹介していきます。(タカシくんだけで終わりそう)






コーイチ&タカシ(17)
【ボーカル組、やでよし】


  • ピュアな弟を困らせちゃうお兄ちゃん
  • バックボーカルはこのふたりだけ
  • 関西出身
  • 何もかもが真逆


このふたりのエピソードを語り出すときっと記事まるまるひとつ分できちゃうほど好きなコンビです。何がそんなにいいのか?何よりもふたりの関係性が尊い


超特急結成当初、コーイチくんはスクール出身で過去に音楽活動もしていた経験者。対してタカシくんは全くの初心者だったということもあって、タカシくんがコーイチくんを尊敬する気持ちは歌が上手になった今でも変わらず、色々なインタビューでもお手本にしているボーカリストはコーイチくんだと答えるほど。一方のコーイチくんもメンバー個人のモチーフ曲が収録されている2ndアルバム『Dramatic Seven』のインタビューでお気に入りの曲は(ほとんどのメンバーは自分のモチーフ曲を答える中で)タカシくんモチーフのWhiteoutと答えちゃう溺愛っぷり。大好きかよ。
簡単にいえばコーイチくんが天才型ならタカシくんは努力型で、コーイチくんが感覚派でタカシくんは慎重派と真逆。あまのじゃくなコーイチくんとバカ真面目なタカシくん。イメージカラーも黒と白。最年長と最年少。設定が完璧すぎませんか?創り上げられたのかと思うぐらい見事に対称なんですよ。

そして、プライベートでもふたりで出かけるほどなかよし。2人とも関西にいた頃はよくふたりでカラオケに行って歌の練習をしていたそうです。(泣ける)

コーイチくんが浪人生中に上京したとき、当時高校生で大阪の実家に住んでいたタカシくんが夏休みに居候をしていたときのマッキー事件が大好きなのでこのブログをセットで読んでください。

超特急 公式ブログ - Mr.マッキー。 - Powered by LINE

超特急 公式ブログ - タカシの逆襲wwww 「反撃開始!!」 - Powered by LINE


…かわいすぎません!?え、読んでない!?読んで!!!!!(全力)


これ以外にも偶然夜行バスで前後になったり、諸先輩方に一緒にご飯に連れて行ってもらったり、寝顔を激写したりされたり……かわいいエピソードが山ほどあります。




…が!ここまで書いて気づきましたがどう考えてもこのペースでは21組終わらない。ペースをあげましょう。(出来るだけ)








カイタカシ(27)
【アロマ、タカイ】


  • かわいい弟といいお兄ちゃん
  • カイくん「俺のアロマ」
  • 誕生日が4日違い


超特急に入る前にタカシくんが唯一カイくんの連絡先だけは知っていたそうで、カイくんのコミュ力の高さと面倒見の良さが伺えますよね…
このふたりはカイくんがタカシくんを愛ですぎてる。彼は推しかぶりだと思っています。カイくんはタカシくんに対して激甘で溺愛してるお兄ちゃんそのもの。タカシくん推しが「かわいい〜〜!」ってなるときにだいたい「タカシかわいいなぁ〜」って言ってる。カイくん、心の声漏れてますよ…

中でも1番好きなのは、2015年の代々木公演のBlu-rayについているコメンタリーで、Love againのボーカルふたりのノリ方が違うという話になったときタカシくんのパートになったら「かわいい〜〜」ってユーキくん(彼もまた推しかぶり)と声をそろえて言っちゃったときです。私もハモった。ハッピーアイスクリーム!!(?)

一方タカシくんは、カイくんのことを「クールに見えるけどそういうときの笑顔が超かわいい」というオタクみたいな考察をしています。わかる。タカシくんはああ見えて(どう見えてですか)感覚が結構オタク寄りなのがかわいい。








リョウガタカシ(37)
【ガリやで】


  • かわいい弟を見守るお兄ちゃん
  • アニメオタク
  • ふたりともお酒に弱い(かわいい)


このふたりは何と言っても、オタク。恐らくタカシくんを沼に引きずり込んだ要因のひとつはきっとリョウガくんでしょう。(ありがとう!)そして、タカシくんがオタクと化してから交流が深まっているような気がします(笑)リョウガくん分かりやすくてかわいい。先日は同事務所の栗原吾郎くんも一緒に聖地巡礼もしていました(みんな生き生きしてる)

超特急 公式ブログ - 永遠に リョウガ - Powered by LINE


メンバー内でもジェントルマンと言われるリョウガくんですが、LINE LIVEの超スペシャル番組でゲーム企画があった際、あまりにも苦手すぎるタカシくんに「俺使ってないから俺の分(のリトライ)使わせてあげて!」って言ってくれた回で惚れました(軽率)

そしてV.I.P. Pressのインタビューではアルコールが弱いもの同士カルーアミルク飲んどこうな」発言。え、かわいいなにそれかわいい。タカシくんといるリョウガくんはとにかくいいお兄さん感がすごいです。惚れる(2回目)








タクヤタカシ(47)
【やでタク】


  • 結成前からタカシくんはタクヤくんに憧れていた
  • →好きすぎるあまりリアコいじりされるように
  • タクヤくんの「やで」「やでちゃん」呼びがかわいい


タカシくんがタクヤくんにリアコ説が浮上していた時期もありました(カイくんがなぜかこのネタ大好き)真面目で少し不器用なタカシくんにとって、器用なタクヤくんは憧れの存在で、少し遠慮してるのかな?なんて部分も見られましたが、「超特急では僕の方が先輩」と言えるほどの仲に(?)…とは言っても若干の遠慮が残ってるのがタカシくんらしくてかわいい。

超特急 公式ブログ - 君がいるから今がある。 タカシ - Powered by LINE

タカシくんが上京してからは度々タカシくんの自宅に遊びに行って、一緒にハンバーグを作ることやお泊まりすることも。(すごく嬉しそう)

完全にハマったわ〜 タカシ | 超特急オフィシャルブログ「Rail~夢への切符~」Powered by Ameba


そして、「ツンツンデレ」のタクヤさんなのでタカシくんに対しても厳しい一言を発することもありますが、タカシくんのことを「赤ちゃん」「癒し」と発言することや、への字をしてるタカシくんに気づいてくれることもあるまさにツンデレな兄”でそりゃあタカシくんも好きになるわ〜と思います←








ユーキタカシ(57)
【祐太(ゆうた)、ドジやで】


  • リアル末っ子なふたり
  • ユーキくんはタカシくんをかわいい弟と思ってる
  • ↑ユーキくんのそんな所がかわいいと思ってるタカシくん


お姉さまがふたりいる根っから末っ子気質で、早生まれのためか同い年の5人の中でも年下扱いされがちなユーキくんですが、末っ子のタカシくんにも「(自分に対して)お兄ちゃん感を出してるのがかわいい」と言われています。わかる。

ユーキくんはタカシくん大好き芸人(芸人?)なので、ことあるごとにタカシくんのそばにいるし、すぐ「かわいい〜」とか言っちゃう。27の所でも言っていた2015代々木のコメンタリーのタカシ推し芸人っぷりがかわいいです。超特急の超スペシャル番組#20*2ではアニメの沼にハマっていくタカシくんへの気持ちを見事に代弁してくれています。


そして、プライベートでもタカシくんの自宅でお料理をしたり、オタ活したり、ふたりのお母さまと4人でお食事したり、渋谷で年越ししたり…ここ最近よく遊んでるのはこのふたりのイメージです。かわいい。

超特急 公式ブログ - THE 男飯 タカシ - Powered by LINE
↑お酒を使うところは未成年なのでみりんで対処するところが尊い。みりんも調理だけど…(小声)







ユースケ×タカシ(67)
【やですけ、年下】


  • グループの中でも年下のふたり
  • ユースケくんは唯一の弟としてタカシくんをかわいがってる
  • 一方タカシくんは同じ年下組として同等に見てる(かわいい)

1〜5号車はみんな同級生なので、このふたりが年下組というくくりにはなりますが、実際は妹と弟がいる根っから長男気質なユースケくんと実際にも姉と兄がいる根っから末っ子気質なタカシくんなので自然とふたりの間も兄弟な感じでかわいい。このふたりはとにかくかわいい。この世界の平和を集結したみたいな空間になる。

ユースケくんはタカシくんをかわいい弟として見てるのに対して「同じ年下組として」と、同等(?)と認識してるタカシくん…末っ子愛おしすぎません!?

そしてユースケくんって本当に優しさが溢れてるんですよね。他のメンバーが居ないときも同様なんですが、まだ高校生の頃よくあったタカシくんだけが車両点検の際全員で写真を撮るときに絶対やでポーズをするんですよ。清い。

あと、すごく真面目なのでお兄ちゃんたちがタカシくんのことをちょっとイジろうとしたら「かわいそうでしょ!」ってかばってくれるんです。え、なにこれ幼稚園なの?かわいい…中でも度々バラエティーで風船に恐れるタカシくんを守ってくれるのが特に好きですね。ユースケお兄ちゃんがいちばん見ていて安心します!!!(誰ですか)





全てタカシ推し目線から見た偏見ですが、とにかく兄に愛されすぎて困ってます*3って感じなんですよ。あれ、タカシくん主演じゃなかったの?ってなりましたよね。要するに、タカシくんが愛され末っ子ってことです。










続いてユースケくん!(タカシくんとは紹介したので5人分)(箇条書きだけのコンビが増えてきますm(_ _)m)





コーイチ&ユースケ(16)
【コースケ(ユーイチ?)】

  • よく食べるふたり
  • コーイチくんの天邪鬼に振り回されるユースケくん
  • ユースケくんの“コーちゃん”呼びかわいい

コーイチ推しからの圧倒的な支持があるイメージ。
ユースケくんに対して普段はかなり辛辣な発言が多めなコーイチくんですが、誰よりもメンバーを客観的に見ている最年長でもあるのでアドバイスが的確でコーイチくんのその一言に救われるそう。MBS音祭2016への出演が決定した際のナタリーさんのインタビューが神なのでぜひチェックしてください。

「MBS音祭2016」開催記念 超特急インタビュー 初の“城ホール”で衝撃を (1/2) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー







カイユースケ(26)
【カイスケ?】


  • THE兄弟(だと思ってる)
  • 長男気質のユースケくんさえ弟感の出るしっかり者カイくん

人をいじるのが好きなカイくんの絶好のターゲットになってしまうユースケくん、みたいなイメージです。









リョウガユースケ(36)
【ガリスケ、リョガスケ】


  • ふざけたリョウガくんにユースケくんが振り回されたりユースケくんの純粋さにリョウガくんが振り回されたり…(かわいい)
  • ふたりともオタク
  • わんちゃん(?)

カイくんの推しコンビらしいです。
リョウガくんにまんまと布教されてるユースケくんがかわいいブログです。
超特急 公式ブログ - 今日はリョウガのお誕生日! ユースケ - Powered by LINE







タクヤユースケ(46)
【タクスケ】


  • ダンス未経験からスタートしたふたり
  • 超特急結成前からの知り合い
  • 圧倒的ビジュアルメン

ここのふたりは比較的オフィシャルで二人組になりやすい気がします。ダンス未経験で超特急になったふたりはお互いの存在がなければ続けられなかった、というほどの信頼関係。エモい。2013年にZepp Diver Cityで行われたファンミでの写真(↑)は名作。


超特急 公式ブログ - タクヤでーす - Powered by LINE

タクヤくんが突然タクスケに改名したときのブログです。1年後にはユースケくんがお誕生日を祝ってます。ピュア……

超特急 公式ブログ - ピザ食べたい気分!! ユースケ - Powered by LINE




ユーキユースケ(56)
【ユーユー、ケチャマス】


  • 不動のおバカちゃんふたり
  • バラエティー班としてお互いをライバル視
  • スキンシップが過剰で過去に何度かギリギリのブログがあげられたことも(恐らく消されてる)

タクスケと同じくらいオフィシャルでの組み合わせが多いふたりです。ここにタカシくんが加わると3バカと呼ばれます。







続いてユーキくん





コーイチ&ユーキ(15)
【イチゴ】


  • ポテンシャル班のふたり
  • お互い噛み付き合ってる様子をよく見る(気がする)


コーイチくんがちょっかいをかけてユーキくんがそれに怒るのがオプション。あまりお口が悪いイメージのないユーキくんが「お前」とか言っちゃう相手がコーイチくん。

ふたり揃ってパーソナルスペースがちょっとおバカなのでスキンシップが異常。しかしお互いの実力に確かな信頼を置いているという良き仕事仲間だったりするのかな、なんて瞬間もあります。(5周年メモリアルブック「Signal」参照)(2017.10.10 追記)





カイユーキ(25)
【ぽんカイ】


  • 完全に同い年に見えないふたり
  • パーカー戦争

最も名前が怪奇的なのが【ぽんカイ】カイくんがユーキくんのことを「ぽんさん」と読んでいたことからついたのですが、その由来はこちら↓
超特急 公式ブログ - #Kai - Powered by LINE

面倒見のいいお兄ちゃんカイくんと一緒にいると末っ子の部分が全開になるユーキくんが超かわいい。同い年なのに(n回目)

こちらがカイvsユーキパーカー戦争のブログです。よく分からないけどとりあえずかわいいことが伝わればいい(適当)
超特急 公式ブログ - かいかいかい - Powered by LINE







リョウガユーキ(35)
【おさなな】


  • 新旧リーダー
  • 事務所に入った当初からの幼馴染
  • 設定が二次元(そしてふたりともオタク)


多くは語りません。このナタリーさんのインタビューを読めばこの2人の全てが分かるような気がします。
リョウガ×ユーキが語る「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」 (1/3) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー

普段温厚で紳士なイメージのリョウガくんですがちょっと扱いが雑になったり、「お前」って言ったりするのを見てるとほんとに2人にしか分からない空気感って感じでかわいい… 2人とも根っからアニメやゲームが大好きなので完全にこっち(オタク)側になってるときもあっておもしろい。
YouTubeライブ「超スペシャル番組」#25〜28ではスタッフさんから神コンビと煽てられてブーブー言ってますがまさにその通りだと思います。






タクヤユーキ(45)
【草村、ユータク】


  • 圧倒的エース感・センター感
  • タクヤくんがユーキかわいいってなってるイメージ


草川村田です。
流行りの(?)“彼女とデートなうに使っていいよ”とユーキくんがInstagramに投稿した画像を使ってタクヤくんがInstagramのストーリーに“彼女とデートなう”と投稿するというかわいさ!!!(2017.10.10 追記)ほんとにタクヤくんがめちゃくちゃユーキくんに甘い。






続きましてタクヤくん



コーイチ&タクヤ(14)
【親娘(おやこ)】


  • お父さん担当・コーイチくんがツンデレ娘なタクヤくんにベタ惚れの図
  • 実際はプライベートでよく遊ぶ


プライベートで遊んだり仕事について語り合ったりする、的なエピソードはこのふたりが特に多い気がします。もはやリア友。このふたりが街歩いてたら正直こわい。
なのに超特急では「タクちゃんタクちゃん〜」なコーイチくんのギャップが恐ろしい。

↓リア友エピソード(友情出演?:DISH//橘柊生くん*4
超特急 公式ブログ - タクヤでーす - Powered by LINE





カイタクヤ(24)
【クソガキーズ】


  • 高校の同級生
  • 自己プロデュースが得意


クソガキーズの名前の由来はこれまたカイくんのブログから
超特急 公式ブログ - #Kai - Powered by LINE

カイくんは高校の卒業式でタクヤくんの胸で泣き、タクヤくんは「カイのおかげで超特急を続けられた」と言うほどのお互いの信頼感は同級生ならでは。他のコンビにはない関係性で素敵です。
最近ではこのふたりが衣装や生写真のプロデュースをすることもあり、美的センスのあるふたりというイメージです。








リョウガタクヤ(34)
【リョガタク】


  • 『リョガタク2s紛争』
  • 基本ずっとふざけてる

リョウガくんがタクヤくんとのツーショットを撮りたいがために突如起こす紛争。(撮影者:5号車 ユーキ)ちゃっかり撮れちゃうこともあるのに起こしちゃうあたりバカバカしくてかわいい。(ブログのリンクは全部貼りきれないので後日追加できそうであればします!)
Burn!という曲の最後のサビでいつもタクヤくんがリョウガくんに攻撃をするくだりが代表的なおふざけ。(かわいい)










やっと終わりが見えて来ました…
残り3人(コーイチくん・カイくんリョウガくん)まとめていきます!!!






コーイチ&リョウガ(13)
【ふなよし】


  • ひとりっ子
  • リアコオタが多め
  • 需要が高いことに恐らく本人たちは気づいてない

リョウガくんの名字・船津のふなコーイチくんの名字・吉野のよしふなよし
圧倒的大人の魅力を秘めるふたりだからなのかリアコ枠になりがち。特にこれ!というエピソードはないのに何故こんなに需要が高いのか…なんて言いながら私も密かに好きだったりします。
(画像探してたら意外とあるけどキメ顔ショットが少ないのが自撮り少なめな2人らしいなと…)








カイリョウガ(23)
【稜海カッポゥ(稜海)】


  • 言わずと知れた名コンビ(カッポゥ)
  • THE 2人だけの世界なことも度々


神奈川出身で帰る方向が同じということで結成当初から常に行動を共にするふたり。リーダーのリョウガさんと頭脳明晰なカイくん、ふたりの安定感といったらもう……(何?)リョウガくんはリーダーなのでバラエティなどで進行役に回ることが多いんですがそんな時カイくんは隣で台本を覗き込んで漢字の読み方を教えてあげます。(そして距離感がおかしい)多分カイくんはリョウガくんの秘書か何か(?)最近はライブのMCを主に回しているのもこのふたりです。

公式でカッポゥとか言っちゃったり記念日があったり、最初はマジ?ってなりますがマジです(?)
カイくんがリョウガくんのこと好きだな〜っていうのはすごい分かりやすいんですけど、リョウガくんがカイくんのことを信頼してるのも感じてほんとにいいコンビ。

稜海カップル | EBiDAN 39&KiDS オフィシャルブログ Poweredby Ameba








コーイチ&カイ(12)
【???】


  • いちばんレアなふたり(な気がする)
  • 呼び方不明


もはや説明じゃなくなってますが、このふたりだけが一緒になるのを見ることは本当に稀です。エピソードが思い浮かばない…
7人の中でも年長の2人ですが、ひとりっ子と長男だからなのかコーイチくんよりもカイくんの方が年上っぽいのがかわいい。

個人的にはこの時期(2014年末頃?)の髪色がシンメ感があって好きです。かわいい!










さあ、やっと全員分…最後になるにつれて雑になってきて本当に申し訳ないです。また思いつけば追記させていただきます!(2017.10.10、11.13 追記しました!)このふたりのいいところあるよ!もっとこのエピソードの方がいいよ!とかあれば教えていただければ幸いです…







確認だけでも超時間かかったのにこれ全部読んでくれたら何分かかるのか…恐ろしい(結局ひとつにまとめてしまった)



ここまで読んでいただき本当にありがとうございます!また会う日まで!(?)

*1:7.6.5.4…1と数字が大きい7号車タカシくんから始める順番。1.2.3…と数字の小さい1号車コーイチくん から数えるのは号車順。

*2:#1〜#17はLINE LIVE、#18以降はYouTube LIVEに移行

*3:タクヤくん草川拓弥として美丘千秋役で出演!ドラマは4月12日(日本テレビ)から放送開始、映画は6月30日公開です。

*4:タクヤくんDISH//の柊生くんとめちゃくちゃ仲良しでリョウガくんのご実家に遊びに行った時もふたりでした(笑)タクヤのTとTo-iのTを合わせて(´・π・`)コンビ(パイコンビ)です(公式)

20歳の推し

 

 

 

お題「20歳」

 

 

 

次の記事の下書きをしようと思いアプリを開くと、お題というものがあったのでスロット回してみたら『20歳』と言う私のためとも言えるお題が出たので、書いてみようと思います。(自意識過剰)

 

 

 

20歳というと、成人式というものがあるくらいですから日本人的には大きい節目だと思いますし、実際祝われる数も友人が少ないで有名な(?)私でも多いような気はしました。

 

 

 

 

そして、私の自慢の推しである超特急7号車・タカシやで!こと松尾太陽くんも昨年の9月23日にお誕生日を迎え、遂に20歳になった訳ですが………

 

 

 

 

f:id:yd07:20170126174257j:image

 

 

尊い

 

 

 

超特急 公式ブログ - 20歳 タカシ - Powered by LINE

 

 

 

20歳になっても相変わらず尊い。清い。こんな20歳この世に居るの?存在するの?むしろ存在していいの?神様ありがとう(合掌)

 

 

 

 

 

そして10代最後のブログがこちらなのですが………

超特急 公式ブログ - 大人の階段 タカシ - Powered by LINE

 

 

すごくないですか!?!?!?(語彙力)

 

成人のタカシも好きでいてね。     ってか、俺が好きにさせられる様に努力します(笑)

 

 
そういう所が好き〜〜〜〜!!!!(爆発)充分魅力的でこちらはいつも好きすぎて困っているというのにさらに好きにさせようと努力するその姿勢!!!それこそがタカシくんの魅力なんです。本当に罪な男です、タカシくん……
 
 
 
 
 
f:id:yd07:20170126170708j:image
 
↑コーイチくんが撮影したタカシくん。かわいい。【2016年9月23日コーイチブログより】
 
 
 
 
ちなみに、タカシくんのこれまでの誕生日前日のブログも全部尊いのでぜひお時間があるときにでも読んでみてください。
 
 
 
 
 
年々控えめにはなってしまっている気はするんですが、タカシくんのブログってロマンティックで、何より本当に清いんですよ。まさに心が洗われる。友人が「タカシくんのブログは小学校の道徳の教科書にするべき」という格言を残したんですが、まさにその通り。ア○ホテルの全客室に冊子にして置くべき。早く日本の偉い人は松尾太陽くんに気づいてほしい!!!!ジャスティンビーバーに見つかって!!!!(?)
 
 
 
 
何が言いたいのか分からなくなってきましたが、タカシくんは20歳になってもかわいい!!!ということをとにかく伝えたかった。タカシくんはこの世でいちばん清い20歳(当社比)です。
 
 
 
ちなみに、2月18日公開の映画『一週間フレンズ。に出演しますが、撮影していたときはまだ19歳。映画では19歳のタカシくんを見ることができます!!
 
映画の公式Instagramでは“松尾カメラ”として現場レポートをした動画を配信予定!普段の温厚なタカシくんよりも少しオラついた桐生将吾くん風のタカシくんでまたかわいいのでぜひチェックしてみてください。
 
 
 
しつこいと思われそうなのでそろそろやめておきます。松尾太陽くんの魅力がもっといろんな人に広まりますように!!!